もし、債務整理をしてしまったら、これか

もし、債務整理をしてしまったら、これからもお金を借ることができるのどうかは、誰しも気になる問題でしょう。実のところ、法律では特に禁止されていないため、絶対に借入できないというわけでもありません。とはいえ、大多数の銀行や消費者金融などの金融機関でキャッシングすることは相当難しくなります。
でも、法律で制限されている訳ではないので、小さい金融機関であれば、審査をパスできるかもしれないので、よく探してみてください。

一口に債務整理と言っても、借金を整理するためには方法を選ぶことができます。元金は減額されなくても延滞損害金や利息の免除で足りるのか、元金を減らせないと駄目なのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体続ける事が不可能なのか。状況が人によりけりなのでどの方法が都合がいいかも異なるでしょう。
自力で手続きしようと思えばできますが、もし不安材料がそれなりにあるのなら弁護士や司法書士などプロの力を借りた方がいいかもしれません。個人再生とは借入整理の一種で金銭債務を少なくしてその後の返済を楽にするといったものです。
これを行う事によって大部分の人の生活が苦しさが軽減されているという実証があります。
私も以前に、この借金の整理をして助かりました。

個人再生や自己破産の場合、手続きを開始した時点で全部の債権者を相手に含めますが、同じ債務整理でも任意整理を行う際には、債権者ごとに一件ずつ交渉することになります。

全ての債権者に対して行うことも可能ですが、債権者ごとに時間も費用もかかりますし、どちらかというと大きな減額が見込まれる債権者を優先して手続きをすることになります。
ただ、交渉に応じるかどうかは任意ですので、もし債権者がいやだと言えばその債務については減額は見込めません。パチンコや競馬などのギャンブルで出来た借金も返済に困ったら債務整理をすることは不可能ではありません。

ですが、できるのは任意整理や個人再生といった支払総額は少なくできても返済の義務がなくなるわけではない方法だけです。自己破産では抱えた借金全てをなかったことにできますが、ギャンブルで作った借金については免責不許可事由に当たりますから、たとえ裁判所に破産を申し立ててもあまり免責は期待できません。債務整理を行う際に必要な費用というのは、手段によってとても差が出てきます。任意整理のケースのように、会社の数ごとに低い金額で利用可能な方法もあるのですが、自己破産する際のように、とても高い金額を支払うものもあります。自らかかるお金を確認することも大切な事です。

例えば親戚や友人の借金の保証人になっているなら、仮に債権者が取り立てようとしてきても支払いを拒否して債務者の方に行ってもらえばOKです。

ところが、債務者が自己破産や個人再生により債務整理を行い、一部ないし全部の支払いを放棄した場合には、債権者は保証人に対して残りの返済額分の取立てを始めます。

この場合、保証人は応じなければならないのですが、債権者とすり合わせを行って返済を分割払いにする事はできます。

ローンを返済中の自動車や住宅などの資産は、ローンの名義人が自己破産ということになると、その時点で返済しているローン契約は解除となり、返済のためにマイホームもマイカーも売ることになります。

しかし、それ以外の債務整理の場合、それらのローンは原則的に交渉対象外となりますので、減額対象とはならないのが普通です。

ローンの返済さえできていれば返済のために売却するなどということは考えなくても良いのです。